相澤病院 外国人患者受入れ認証医療機関に

小説「神様のカルテ」のモデルとなった病院と言われている長野県松本市の相澤病院が、国が創設した「外国人患者受入れ医療機関認証制度」で、甲信越で初めて認証医療機関になった。

相澤病院は、2010年から院内に国際課を新設して外国人患者への対応を強化してきた。当初、英語、中国語にそれぞれ堪能な常勤職員を1名ずつ計2名を配置したが、1名ずつ増やして昨春から計4名態勢にし、2017年6月に申請していた。来院する外国人患者は欧米や中国が多く、年間500名弱。認証を受けたことで、外国人が受診しやすい態勢が整っている病院として存在感を高めたい考えだ。

相澤病院は「ジャパン・インターナショナル・ホスピタルズ」にも選ばれており、政府は「医療ツーリズム」で来日する海外の富裕層らを呼び込み、日本の医療の国際的な評価を高めて経済成長につなげようと考えている。最新医療を求めて海外の富裕層が病院を訪れ、先端的のがん治療とされる陽子線治療を実施している。治療費は約300万円と高額になるが、海外からの患者数は年々増加傾向にある。

ルート・アンド・パートナーズでは富裕層向け医療ツーリズム情報などの富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

Japanese Culture Global Concierge Association Linkedin Group
Let's Experience Japanese Culture!
Would you like to be an affiliater?

Recommend

  1. 2018-8-7

    62%が富裕層戦略の必要性を認識 成功への第一歩は富裕層の正しい理解

    重要なのはターゲットを絞り適切な戦略を立てること 政府が重要課題のひとつとしている「地方創生」。し…
  2. 2018-8-7

    日本の温泉旅館を国内外の富裕層にもっと利用してもらうために

    世界に誇る日本文化の雄「温泉」 「ONSEN」は外国人が知っている言葉でも上位にランキングされるほ…
  3. 2018-8-3

    富裕層旅行客の「温泉」ニーズが高まる今が富裕層向けPRの好機!

    富裕層旅行客のニーズも高まっている日本の温泉旅館 日本を代表する観光資源のひとつ「温泉」。Sush…
一般社団法人 地域活性化センター
ページ上部へ戻る