福島県産果物を首都圏向けに販売

首都圏の富裕層向けに、福島県産の果物や6次化商品を売り込む任意団体「ふくしまフルーツマイスター倶楽部」が発足した。

首都圏の消費者に本県のおいしいものを届けたいという意気込みのもと、福島市と須賀川市の果物生産者が連携して、新聞の折り込みチラシやインターネット広告などを活用した通販事業を展開していく。これらの売り上げの一部を、福島県内の若手生産者向け講習会の開催や、子ども食堂への寄付に充てる予定だという。

福島県では、東日本大震災等による情勢変化を踏まえ、復興を加速化する観点からも、地域の多様な主体が一体となって地域産業6次化に積極的に取り組んでいる。

ルート・アンド・パートナーズでは地方創生や日本版DMOなどの富裕層マーケティングリサーチのほか、富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

Japanese Culture Global Concierge Association Linkedin Group
Let's Experience Japanese Culture!
Would you like to be an affiliater?

Recommend

  1. 2018-12-7

    1泊50万円以上支払える海外富裕層をいかに取り込むかが富裕層インバウンドの肝

    2030年には年間18~20憶人が海外旅行をすると言われている。相対的に富裕層の海外旅行も増加傾向に…
  2. 2018-12-4

    富裕層インバウンド戦略のひとつとして地域のお祭の戦略的活用を

    写真:(c) 旬刊 旅行新聞 スタートアップ企業のオマツリジャパンが、2018年の夏から旅行者…
  3. 2018-9-10

    訪日富裕層旅行客はクルーズで呼ぶ茨城県の試み

    企業だけでなく、自治体の間でも富裕層インバウンドの取り組みが活発化してきている。例えば、茨城県では富…
一般社団法人 地域活性化センター
ページ上部へ戻る