ハラルミートの飛騨牛をイスラム圏へ輸出開始

岐阜県は飛騨牛の輸出へ向け、2017年3月にジャカルタのシャングリラ・ホテルで食会を行い、その後も牛肉の輸入業者やレストランシェフなど関係者との意見交換をするなど準備を進めてきた。そして今月から本格的に輸出を開始することとなった。

インドネシアにはイスラム教徒が多く、インドネシアを足がかりに世界16億人を超えるイスラム圏市場への展開を視野に入れている。ハラル認証を受けたハラルミートとは、イスラム法に則った屠殺法で処理された精肉であり、保存や輸送の方法も通常と異なる。インドネシアへの輸出に当たり、インドネシアの輸入規制に従って飛騨牛を生きたままトラックに載せ、日本におけるハラル認証機関として認定されたムスリム・プロフェッショナル・ジャパン協会(MPJA)から認証を取得したゼンカイミート社のある熊本県に輸送し、処理して輸出している。

富裕層も多いインドネシアで飛騨牛のおいしさを知ってもらい、そこから世界中への広が理に期待している。そして飛騨牛から岐阜県に興味を持ってもらい、観光や食、商工業品などの知名度向上にもつなげていきたい狙いだ。

参照:じゃかるた新聞

ルート・アンド・パートナーズでは東南アジアや欧米豪の富裕層をはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

Japanese Culture Global Concierge Association Linkedin Group
Let's Experience Japanese Culture!
Would you like to be an affiliater?

Recommend

  1. 2018-12-7

    1泊50万円以上支払える海外富裕層をいかに取り込むかが富裕層インバウンドの肝

    2030年には年間18~20憶人が海外旅行をすると言われている。相対的に富裕層の海外旅行も増加傾向に…
  2. 2018-12-4

    富裕層インバウンド戦略のひとつとして地域のお祭の戦略的活用を

    写真:(c) 旬刊 旅行新聞 スタートアップ企業のオマツリジャパンが、2018年の夏から旅行者…
  3. 2018-9-10

    訪日富裕層旅行客はクルーズで呼ぶ茨城県の試み

    企業だけでなく、自治体の間でも富裕層インバウンドの取り組みが活発化してきている。例えば、茨城県では富…
一般社団法人 地域活性化センター
ページ上部へ戻る