Fobesが選ぶ2018年のおすすめホテルー水墨ー

写真:©水墨 Suiboku
旅行業界でホテル、レストラン、スパの総合的なレビューと、5つ星の格付けシステムを世界で初めて導入したフォーブス・トラベルガイド。2018年は世界53カ国144の地域で1609件の施設が受賞した。その中でも「RECOMMENDED 2018」の賞を受けた北海道のホテルの一つ、水墨を紹介する。

ニセコ ・ヒラフエリアの中心地にあり、良質の雪と多様なコースで世界のスキー愛好家を魅了している地域で、アクティビティやレストランなどへのアクセスも良く、お部屋は2ベッドルーム、3ベッドルーム、5ベッドルームあり、最大10名様まで宿泊可能。各ロフトに広々としたリビング・ダイニングスペースがあり、リビングルームの大きな窓からは羊蹄山が一望できる。

日本伝統の「水墨」を冠したその名からも想像できる通り、墨の濃淡で表現した落ち着いたデザインで統一され、充実したアメニティが揃っている。個別のゲストに対応するコンシェルジュ・サービスも充実しており、スタッフは到着前から出発はもちろん、スキーなど各種アクティビティまで、すべての手配をアレンジしてくれ、快適な滞在を保証してくれる。

ラグジュアリーでありながらリーズナブルで、富裕層客の心をつかむことのできる施設だ。

参照:Forbess Travel Guide

ルート・アンド・パートナーズでは日本版DMO地方創生をはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

Japanese Culture Global Concierge Association Linkedin Group
Let's Experience Japanese Culture!
Would you like to be an affiliater?

Recommend

  1. 2018-12-7

    1泊50万円以上支払える海外富裕層をいかに取り込むかが富裕層インバウンドの肝

    2030年には年間18~20憶人が海外旅行をすると言われている。相対的に富裕層の海外旅行も増加傾向に…
  2. 2018-12-4

    富裕層インバウンド戦略のひとつとして地域のお祭の戦略的活用を

    写真:(c) 旬刊 旅行新聞 スタートアップ企業のオマツリジャパンが、2018年の夏から旅行者…
  3. 2018-9-10

    訪日富裕層旅行客はクルーズで呼ぶ茨城県の試み

    企業だけでなく、自治体の間でも富裕層インバウンドの取り組みが活発化してきている。例えば、茨城県では富…
一般社団法人 地域活性化センター
ページ上部へ戻る