相場の25倍!8万円弱の杉原紙を使用した納経帳を販売

写真:©多可町商工会
兵庫県の多可町商工会は、地元特産の杉原紙を使った特別高価な「納経帳」(西国三十三所用)を売り出す。印刷や製本に経費がかかるほか、紙すき体験をセットにした体験型商品のため、平均的な納経帳(3000円程度)の約25倍という破格の値段になった。杉原紙のPR事業として企画した町商工会は「オリジナリティーを求める人や外国の富裕層などに需要がある」と強気の姿勢だ。

町商工会が、国内外で人気を集めている四国八十八か所や西国三十三所の巡礼に着目し、杉原紙を納経帳に使うことを思い立ったという。西国三十三所を訪れる人は、年間推定5万5000~7万5000人で、需要があると判断した。希望者は、杉原紙研究所(多可町加美区鳥羽)で、職人の指導を受けて約2時間半かけて自分で紙を60枚すく。各札所の寺院名やご詠歌などの印刷、製本は専門業者が行い、手すきから約1か月半で手元に届くという。

杉原紙1枚すくのに540円かかり、印刷や製本も特別なため、「普通ではあり得ない値段だが、最終的にこの値段になってしまう」と説明する。手間がかかるため、年間8冊限定で価格は1冊7万9800円。

紙すき体験事業を募集したが希望者はなく、7月に紙すき体験事業を行い1組(2名)の申込みがあった。9月、10月にも同様の事業を実施する予定で、希望者を募っている。

参照:読売新聞2018年07月05日記事

ルート・アンド・パートナーズでは富裕層向けインバウンド動向をはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

Japanese Culture Global Concierge Association Linkedin Group
Let's Experience Japanese Culture!
Would you like to be an affiliater?

Recommend

  1. 2018-12-7

    1泊50万円以上支払える海外富裕層をいかに取り込むかが富裕層インバウンドの肝

    2030年には年間18~20憶人が海外旅行をすると言われている。相対的に富裕層の海外旅行も増加傾向に…
  2. 2018-12-4

    富裕層インバウンド戦略のひとつとして地域のお祭の戦略的活用を

    写真:(c) 旬刊 旅行新聞 スタートアップ企業のオマツリジャパンが、2018年の夏から旅行者…
  3. 2018-9-10

    訪日富裕層旅行客はクルーズで呼ぶ茨城県の試み

    企業だけでなく、自治体の間でも富裕層インバウンドの取り組みが活発化してきている。例えば、茨城県では富…
一般社団法人 地域活性化センター
ページ上部へ戻る