富裕層向け米国旅行雑誌が世界のベストシティ2018年トップ15を発表

写真:©Adobe stock
富裕層向け米国旅行雑誌「トラベル・アンド・レジャー(Travel + Leisure)」の「ワールドベストアワード2018」で、メキシコのサン・ミゲル・デ・アジェンデが2年連続で人気都市1位を獲得。5位には京都がランクインした。京都は、同ランキングで2014年と2015年に1位を獲得。その後2016年は6位、2017年は4位となっていた。

世界のランキングトップ15は以下のとおり。

トラベル・アンド・レジャー2018 ワールドベストシティ トップ15
1位 サン・ミゲル・デ・アジェンデ(メキシコ) 91.94点
2位 オアハカ(メキシコ) 90.52点
3位 ウダイプル(インド) 89.31点
4位 ウブド(インドネシア) 88.74点
5位 京都(日本) 88.42点
6位 フィレンツェ(イタリア) 88.29点
7位 ルアンパバン(ラオス) 88.20点
8位 ホイアン(ベトナム) 88.09点
9位 チェンマイ(タイ) 87.93点
10位 チャールストン(アメリカ・サウスカロライナ州) 87.79点
11位 メキシコシティ(メキシコ) 87.65点
12位 ケープタウン(南アフリカ) 87.63点
13位 ローマ(イタリア) 87.16点
14位 イスタンブール(トルコ) 87.09点
15位 ベイルート(レバノン) 87.04点

参照:https://www.travelandleisure.com/

ルート・アンド・パートナーズでは富裕層向け旅行情報をはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

Japanese Culture Global Concierge Association Linkedin Group
一般社団法人 地域活性化センター
ページ上部へ戻る