長野県、花卉の海外市場開拓

日本の花は海外の品評会で高い評価を受けており、主に富裕層向けのパーティーや結婚式向けの需要がある。

長野県では、花卉(かき)の販路開拓先として海外市場への輸出にも取り組んでいる。日本から米国への輸出量は年々増えているが、主な消費地はニューヨークやロサンゼルスなどの沿岸部の都市で内陸部は今後、取り引きの開始、拡大が見込める地域という。収穫から米国の発注者に届くまでに5日ほどかかるが、品質に問題はない。さらに流通経費を販売価格に乗せると、日本の市価の約2倍となるが、需要は拡大しつつあるという。

米国顧客は富裕層が多く、結婚式のブーケやコサージュなどに利用されている。今後のプロモーションしだいで大きく伸びるだろう。

ルート・アンド・パートナーズでは富裕層マーケティングリサーチのほか、富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

Japanese Culture Global Concierge Association Linkedin Group
一般社団法人 地域活性化センター
ページ上部へ戻る