米国富裕層の食卓へ石垣牛を定期輸出

石垣牛などを生産・販売する農業生産法人ゆいまーる牧場(沖縄県石垣市)が、石垣牛の米国への定期輸出を2018年4月中旬から開始した。石垣牛が米国向けに定期的に輸出されるのは初めてで、今後、月1回ほどのペースで輸出し、石垣牛ブランドを米国でも広げたい考えだ。

通常の食肉用牛肉の肥育期間は28ヶ月ほどだが、ゆいまーる牧場では32~36ヶ月以上という長期飼育をおこない、生産者の名前を冠した独自の高級ブランド「KINJOBEEF」を展開している。米国向けも富裕層が対象となるが、すでに香港にも月1~2頭の輸出実績があり、台湾には受注に応じてスポット輸出をしている。

石垣牛の輸出により、石垣島のの宣伝にもつなげ、地元の畜産業の発展が地域貢献につながっていくことが望まれる。

ルート・アンド・パートナーズでは地方創生や日本版DMOなどの富裕層マーケティングリサーチのほか、富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

Japanese Culture Global Concierge Association Linkedin Group
Let's Experience Japanese Culture!
Would you like to be an affiliater?

Recommend

  1. 2018-12-7

    1泊50万円以上支払える海外富裕層をいかに取り込むかが富裕層インバウンドの肝

    2030年には年間18~20憶人が海外旅行をすると言われている。相対的に富裕層の海外旅行も増加傾向に…
  2. 2018-12-4

    富裕層インバウンド戦略のひとつとして地域のお祭の戦略的活用を

    写真:(c) 旬刊 旅行新聞 スタートアップ企業のオマツリジャパンが、2018年の夏から旅行者…
  3. 2018-9-10

    訪日富裕層旅行客はクルーズで呼ぶ茨城県の試み

    企業だけでなく、自治体の間でも富裕層インバウンドの取り組みが活発化してきている。例えば、茨城県では富…
一般社団法人 地域活性化センター
ページ上部へ戻る