和歌山県海外富裕層誘客へ医療観光の可能性探る研究会を発足

最先端の医療・検診を観光と組み合わせて海外の富裕層らを呼び込む「医療観光」の可能性を探るため、県は29日、関連業界の専門家でつくる研究会を発足させる。来県する外国人観光客は増加傾向にあり、新たな需要を掘り起こし、一層の誘客を目指す。

医療観光はタイやシンガポール、韓国で先駆的に実施されている。幅広い経済効果が期待できるため、国内各地でも取り組みが進んでいる。

県の観光客動態調査によると、県内を訪れた外国人観光客数は、2011年の約8万人から16年に約50万人と、5年間で6倍以上に増えた。県はさらに増加する可能性があるとみて、さらなる誘客のてこ入れのため、医療観光を検討することにした。

研究会は、複数の県幹部のほか、県医師会代表や病院長、旅行会社支店長ら十数人でつくる。県内の病院に外国人観光客を受け入れる余力があるか、どんな種類の医療を提供すべきかなどを議論し、今秋には結論を出す見通し。

県観光振興課は「県内には世界遺産を含む豊富な観光資源がある。医療観光が実現すれば相乗効果が期待できる」としている。

参照:毎日新聞 和歌山版 / 2018年6月13日 記事

ルート・アンド・パートナーズでは地方創生や日本版DMOをはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

Japanese Culture Global Concierge Association Linkedin Group
Let's Experience Japanese Culture!
Would you like to be an affiliater?

Recommend

  1. 2018-12-7

    1泊50万円以上支払える海外富裕層をいかに取り込むかが富裕層インバウンドの肝

    2030年には年間18~20憶人が海外旅行をすると言われている。相対的に富裕層の海外旅行も増加傾向に…
  2. 2018-12-4

    富裕層インバウンド戦略のひとつとして地域のお祭の戦略的活用を

    写真:(c) 旬刊 旅行新聞 スタートアップ企業のオマツリジャパンが、2018年の夏から旅行者…
  3. 2018-9-10

    訪日富裕層旅行客はクルーズで呼ぶ茨城県の試み

    企業だけでなく、自治体の間でも富裕層インバウンドの取り組みが活発化してきている。例えば、茨城県では富…
一般社団法人 地域活性化センター
ページ上部へ戻る