富裕層インバウンド

近年、富裕層インバウンドが注目され始めています。
奈良県が富裕層にターゲットを絞った取り組みを始めるなど、自治体レベルでも実際に富裕層インバウンドに対する動きが出始めてきています。

2015年の訪日外国人観光客が約1,973万人(前年比47.1%増)になるなど、日本でもインバウンドが注目されています。
政府は2020年までに訪日外国人観光客を4,000万人まで増やす目標を掲げていて、今後もインバウンドは重要なキーワードになっていくことは間違いないでしょう。

しかし、富裕層を呼び込むのは簡単ではありません。
単に高級リゾートがあればいいというわけではなく、きちんと富裕層のニーズを把握し、「富裕層が求めているもの」と「自分たちが提供できるもの」どうマッチングさせればいいかが重要になります。

富裕層インバウンドのことは、海外での富裕層マーケティングの実績も豊富な株式会社ルート・アンド・パートナーズへご相談ください。

Japanese Culture Global Concierge Association Linkedin Group
Let's Experience Japanese Culture!
Would you like to be an affiliater?

Recommend

  1. 2018-12-7

    1泊50万円以上支払える海外富裕層をいかに取り込むかが富裕層インバウンドの肝

    2030年には年間18~20憶人が海外旅行をすると言われている。相対的に富裕層の海外旅行も増加傾向に…
  2. 2018-12-4

    富裕層インバウンド戦略のひとつとして地域のお祭の戦略的活用を

    写真:(c) 旬刊 旅行新聞 スタートアップ企業のオマツリジャパンが、2018年の夏から旅行者…
  3. 2018-9-10

    訪日富裕層旅行客はクルーズで呼ぶ茨城県の試み

    企業だけでなく、自治体の間でも富裕層インバウンドの取り組みが活発化してきている。例えば、茨城県では富…
一般社団法人 地域活性化センター
ページ上部へ戻る