Recruitment in Japan/外国人採用サポート

外国人スタッフを雇用したい方

2015年度の訪日外国人旅行客の数が約1,973万と過去最高を記録するなど、インバウンドはもはや欠かせないキーワードになっています。
もともと訪日外国人旅行客向けの対応をおこなっていたところもあると思いますが、多くの旅館やホテル、観光施設などはこれから訪日外国人旅行客向けの対応をしていくことになるのではないでしょうか。

特に重要なのは言語や文化の違いへの対応でしょう。
もちろん日本人でも英語や中国語などを話せる人はいますが、このような人材を確保するのは容易ではありませんし、英語は話せるがハラールなど現地の文化までは精通していないという人も少なくないと思います。

そこで、JCGCA (Japanese Culture Global Concierge Association)では、現地の言葉(または英語)で対応が可能で、かつ現地の文化にも外国人スタッフを雇用したいと考えている旅館やホテル、観光施設などを対象に採用のサポートをおこなっています。

ご興味のある方はお気軽に下記よりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

 

For Overseas People Who Want to Work in Japan

JCGCA (Japanese Culture Global Concierge Association)では、日本で働きたいと考えている外国人を対象とした就労サポートをおこなっています。
採用に関する情報は随時当サイトに掲載していく予定です。

就労サポートに関するお問い合わせは下記よりお願いいたします。

Contact Us

Japanese Culture Global Concierge Association Linkedin Group
Let's Experience Japanese Culture!
Would you like to be an affiliater?

Recommend

  1. 2018-12-7

    1泊50万円以上支払える海外富裕層をいかに取り込むかが富裕層インバウンドの肝

    2030年には年間18~20憶人が海外旅行をすると言われている。相対的に富裕層の海外旅行も増加傾向に…
  2. 2018-12-4

    富裕層インバウンド戦略のひとつとして地域のお祭の戦略的活用を

    写真:(c) 旬刊 旅行新聞 スタートアップ企業のオマツリジャパンが、2018年の夏から旅行者…
  3. 2018-9-10

    訪日富裕層旅行客はクルーズで呼ぶ茨城県の試み

    企業だけでなく、自治体の間でも富裕層インバウンドの取り組みが活発化してきている。例えば、茨城県では富…
一般社団法人 地域活性化センター
ページ上部へ戻る