沖縄版クールジャパン

Medical & Wellnessで沖縄版クールジャパンを設計する

沖縄県と言えば、神々の島と言われます。
その筆頭格が世界文化遺産にもなっている東海岸の斎場御嶽(せいふぁうたき)とその近くにある久高島(くだかじま)です。

斎場御嶽は琉球王国最高の整地、現代風で言えば、「自分をリジューブナイルする場所=パワースポット」になります。

沖縄にしかない植物からできるスキンケア商品や泡盛なども欧米では人気を博し始めています。
さらに沖縄版ウェルネスイメージは、特に欧米との相性がよいと言われています。
ウェルネスツーリズムという言葉は沖縄にピタリと当てはまります。

沖縄は医療に踏み込んだメディカルインダストリーが遅れをとっていると言われています。

たとえば県北部地域に複合型のメディカル施設、もっと言えば海外富裕層を捉えて離さない強みを持つ施設ができれば鬼に金棒ではないかと思います。

沖縄県の東西南北の産業インフラ均衡にも役立ち、海外旅行に対するプレゼンスにも多いにはずみがつくと思います。

これらを同一県でできる可能性を沖縄県は秘めていると言っても過言ではないでしょう。

関連記事

  1. 訪日富裕層旅行客はクルーズで呼ぶ茨城県の試み

  2. 富裕層の多いシンガポールで神戸産食品を1カ月PR

  3. まとうクールジャパン

  4. 愛知県、外国人富裕層の医療ツーリズム促進に向けた海外PR事業を推進

  5. 北海道内の路線価、全国平均を上回る上昇率

  6. 富裕層インバウンドから考える観光戦略と文化財の保護