富裕層インバウンド向けの体験型アクティビティが増加

最近、「外国人に人気の日本の体験ツアーランキング2018」発表され、訪日外国人が観光から体験型アクティビティに目的が変わりつつあることが顕著になってきた。訪日外国人の口コミサイトでナンバーワンになった飲食店は、東京でもなく大阪でもなく、岐阜県の飛騨高山にあるというのだからインバウンドの恩恵は地方にも浸透してきているといえよう。

欧米豪からの旅行客は、10時間以上のフライトを経て日本へ来ることもあり、滞在日数は長く消費金額も多いという傾向がある。初めての旅行客は東京~大阪(広島)のゴールデンルート上を周遊していたが、今は地方での消費行動も多い。旅慣れた欧米豪を対象に、サイクリングやウォーキングを通じて、本物の日本の歴史や文化、郷土食等を、地域に根差す人々とのふれあいとともに提供している企業もある。

昨今、世界中を熱狂させているワールドカップでも、日本チームのロッカールームが使用前のようにきれいだ!というニュースが海外メディアを通じて世界に配信されていたが、日本人にとってはあまりにも日常化していて、そこまで称賛されることなのかと思ってしまう。しかし、景観や施設だけが観光資源だけではなく、人や習慣などを含めた潜在的な魅力というのは日本の各地にちりばめられているのだと気付かされる。

特に伝統や文化に重きを置いている欧米豪の富裕層は、郷土料理の料理教室なども好きなようだ。ルート・アンド・パートナーズでや日本版DMOをはじめ体験型アクティビティの手配の他、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. 「せとうちエリア」:日本の新たな富裕層旅行先

  2. 京都世界遺産の仁和寺「松林庵」を富裕層向け宿坊へ改修

  3. 中国人富裕層が買い求めるメイドインジャパンの仏壇とは

  4. 自治体国際化協会

  5. 長野県産米「風さやか」富裕層の多いシンガポールへ輸出

  6. まとうクールジャパン