北海道苫小牧市で海外富裕層向け滞在型リゾート開発が開始

森トラスト系の投資会社MAプラットフォームが、北海道苫小牧市にホテルやコテージを中心とした滞在型リゾートを開発する。
まずは2020年の部分開業を目指し、完成予定の2026年にはホテルが330室、コテージが40棟に加え、医療施設も併設される予定だ。周辺にはゴルフ場やスキー場が多く、夏も冬もアクティビティが楽しめる。また医療施設を活用し、医療ツーリズム需要の取り込みもおこなっていく予定だ。

 

当社では富裕層向けリゾート、ホテル、コンドミニアムなどの開発における富裕層調査を随時募集しております。案件をお持ちのデベロッパー様、不動産会社様などからのお問い合わせをお待ちしております。

お問い合わせはこちら

関連記事

  1. 目覚めれば琵琶湖畔のオーベルジュ ~ロテル・デュ・ラク~

  2. 加森観光と新生銀、ルスツのコンドミニアムを対象に外国人向けローンを展開

  3. 世界の富裕層に向けた繊維王国福井県の取り組みとは?

  4. 観光地の少ない温泉街、地産地消料理で富裕層呼ぶ旅庭群来

  5. 62%が富裕層戦略の必要性を認識 成功への第一歩は富裕層の正しい理解

  6. 富裕層の誘客と旅行消費拡大を目指した「三陸プラチナ観光ルート創設協議会」が設立