瀬戸内エリア、世界の富裕層から愛される理由

世界の富裕層が集まる観光地が瀬戸内エリアにある。そこは、米ニューヨーク・タイムズ紙が発表した「19年に行くべき52か所」のランキングで7位と、日本の観光地で唯一、選ばれたことが大きな理由のひとつであろう。また、瀬戸内海を巡る富裕層向けの客船「ガンツウ」の人気も高っているとの報告も受けている。
そんな中、JR西日本は8日、山陽線・尾道駅(広島県尾道市)の新駅舎を関係者に公開し、新たな観光振興の拠点にしたいとの考えだ。

記事元(讀賣新聞)はこちらから

関連記事

  1. 62%が富裕層戦略の必要性を認識 成功への第一歩は富裕層の正しい理解

  2. 欧米豪富裕層のプライベートバンク活用術

  3. 【富裕層ビジネスのヒント】「モノがいい」だけでは不十分海外の人々を魅了するデザインやプロモーションが「クールジャパン」のキーポイント

  4. 米ユニバーサルスタジオが提供する「VIPツアー」が中国人富裕層に大人気のワケ

  5. 海外富裕層を呼び込むために、勉強会で富裕層インバウンドビジネスの「わからない」を解消

  6. 富裕層インバウンド戦略のひとつとして地域のお祭の戦略的活用を