瀬戸内エリア、世界の富裕層から愛される理由

世界の富裕層が集まる観光地が瀬戸内エリアにある。そこは、米ニューヨーク・タイムズ紙が発表した「19年に行くべき52か所」のランキングで7位と、日本の観光地で唯一、選ばれたことが大きな理由のひとつであろう。また、瀬戸内海を巡る富裕層向けの客船「ガンツウ」の人気も高っているとの報告も受けている。
そんな中、JR西日本は8日、山陽線・尾道駅(広島県尾道市)の新駅舎を関係者に公開し、新たな観光振興の拠点にしたいとの考えだ。

記事元(讀賣新聞)はこちらから

関連記事

  1. 進む北海道の富裕層囲い込み戦略

  2. 世界最大規模の家具見本市「ミラノ・サローネ2018」に津軽塗が出展

  3. 白馬に外資系ブランドが参入。インバウンド富裕層が狙いか

  4. 裕層が利用するプライベートジェット機の誘致に力を入れる沖縄県宮古島の本気度

  5. 富裕層インバウンドビジネスの拡大も大いに期待できたVisit Japan Travel & MICE Mart

  6. 南紀白浜空港の民営化は空港型地方創生のモデルケースとなるか