フランス進出で国内外の富裕層から注目を集めるトイレ装飾「アートレッタ」

仙台市に本社を構える泰光住建が手がける華やかな絵画や柄をあしらったトイレ「アートレッタ」。フランスのトイレ機器販売会社と提携し、現地の富裕層や高級ホテルなどに販売を進め、最近では国内でも注目が集まってきている。国内メディアに多数取材記事が掲載された他、2017年9月には、世界最高峰のインテリアデザイン展示会「Maison&Objet」にも出展した。

便器に絵画などの模様を描いたフィルムを、更に壁に深みのある赤い和紙などを貼ることで、美術館にいるような空間が出来上がる。フィルムに描かれるのは、江戸時代の浮世絵師・東洲斎写楽の名画「三世大谷鬼次の奴江戸兵衛」などであり、特に日本文化に関心の高い海外富裕層から高評価を得ている。もちろん、日本文化を海外に発信する方法のひとつとしても期待ができる。

 

当社では、このような商品やサービスの情報を随時募集しているので、情報をお持ちの企業のご担当者様がおりましたら、ぜひプレスリリースなどをお送りください。まずは下記よりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

関連記事

  1. 観光資源を開拓し地方に海外富裕層を送客、航空会社と自治体が連携

  2. 日本文化を世界へ発信

    日本文化を世界へ発信

  3. 富裕層馬主が集まる国内最大の競走馬競り市が苫小牧で開催

  4. ふるさと納税を富裕層視点で考える

  5. 瀬戸内エリア、世界の富裕層から愛される理由

  6. 進む北海道の富裕層囲い込み戦略