学ぶクールジャパン

世界に広がるクールジャパン

日本の文化がヨーロッパやアジアの各国でクールジャパンとして評価されるようになってからは、日本側もクールジャパン戦略として積極的に日本文化の輸出を行うようになっています。
日本と海外の人々の相互交流の助けにもなりますし、海外へと向けたコンテンツビジネスとしての可能性も大きく広がるからです。

”学ぶ”クールジャパン

クールジャパンには、様々あります。
例えば、歌舞伎や能などの伝統演劇などの見るクールジャパンやアニメやゲームなどの代表的なクールジャパンなどです。
最近では、コスプレは見て楽しんだり、自分も参加して楽しむ人も増えてきています。
しかし、クールジャパンはそれだけではありません。
日本には、相撲や空手といった武道や茶道の”学ぶ”クールジャパンがあります。

日本人の礼儀や作法は、今や世界中が認めています。
伝統文化従事者も海外の人の感性にも訴えやすい演目を選び抜いてニューヨークなどで講演したり、相撲も海外巡業を熱心に行っています。
日本の礼儀や作法を学ぶのは、日本そのものを学んでいるとも言えます。
日本を知るには心の修養も兼ねている茶道や武道を体験してみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. 京都世界遺産の仁和寺「松林庵」を富裕層向け宿坊へ改修

  2. 南紀白浜空港の民営化は空港型地方創生のモデルケースとなるか

  3. 東京五輪にむけて都市の景観は変わるか~無電柱化への取り組み~

  4. 富裕層投資ビジネス?世界の美術品市場に投資マネーが流入

  5. 富裕層インバウンドビジネスの販路拡大のためのコンソーシアム活用

  6. 米TOMが富裕層向け高級伝統工芸品などを扱う越境ECの物流をサポート