富裕層インバウンドビジネスの拡大も大いに期待できたVisit Japan Travel & MICE Mart

毎年9月に世界最大級の旅行関連イベント「ツーリズムEXPOジャパン」と同時開催されている旅行&MICEの商談会「Visit Japan Travel & MICE Mart」。2017年はバイヤー、セラーともに昨年より増え、昨年以上の活況を見せた。日本政府が2020年に4,000万人、2030年に6,000万人の訪日外国人観光客の目標を立てていることもあり、日本のインバウンドビジネスは年々拡大していると感じている。

では、外国人富裕層旅行客にフォーカスした「富裕層インバウンド」についてはどうか。当社が独自に参加自治体等にヒアリングしたところ、富裕層インバウンドに対する関心も高まってきているというのが率直な実感だ。一方で、具体的な取り組みを始めている自治体はまだまだ少ない印象が強かった。

ただ、2019年にラグビーワールドカップを、2020年に東京オリンピック/パラリンピックと大きな国際大会の開催を控えているため、さらにインバウンドビジネスが拡大していくと予想される。それに伴って富裕層インバウンドの重要性も益々高まっていくだろう。

 

当社でも、自治体向けに富裕層インバウンド戦略のコンサルティングサポートなどを強化していく予定ですので、富裕層インバウンドの推進をお考えの自治体のご担当者の方はぜひ一度お問い合わせください。

お問い合わせはこちら
Japanese Culture Global Concierge Association Linkedin Group
Let's Experience Japanese Culture!
Would you like to be an affiliater?

Recommend

  1. 2018-12-7

    1泊50万円以上支払える海外富裕層をいかに取り込むかが富裕層インバウンドの肝

    2030年には年間18~20憶人が海外旅行をすると言われている。相対的に富裕層の海外旅行も増加傾向に…
  2. 2018-12-4

    富裕層インバウンド戦略のひとつとして地域のお祭の戦略的活用を

    写真:(c) 旬刊 旅行新聞 スタートアップ企業のオマツリジャパンが、2018年の夏から旅行者…
  3. 2018-9-10

    訪日富裕層旅行客はクルーズで呼ぶ茨城県の試み

    企業だけでなく、自治体の間でも富裕層インバウンドの取り組みが活発化してきている。例えば、茨城県では富…
一般社団法人 地域活性化センター
ページ上部へ戻る