欧米豪富裕層のプライベートバンク活用術

アリアン・ド・ロスチャイルド男爵夫人はプライベートバンクからワイナリー、フランス・ムジェーブのスキーリゾートにまで至る膨大な一族の事業を、4年の歳月をかけて再編し、一族の名前を冠したスイスのプライベートバンクを新たな段階へと発展させる準備を進めてきた。
氏はジュネーブでインタビューに応じ、一族が83%を保有するエドモン・ド・ロスチャイルドについて、「複雑で理解しがたい以前の事業構造を考慮すれば、この数年は追い付いてきている」と話した。同行は近年、「さまざまなターゲット」に目を向けており、買収の可能性を引き続き模索していると述べた。

記事元(Bloomberg)はこちらから

関連記事

  1. 富裕層インバウンド向けの体験型アクティビティが増加

  2. 富裕層インバウンドインバウンドにおけるクルーズの重要性

  3. 富裕層が注目するダボス会議で「ジャパンナイト2019」を開催

  4. BeA、中国人富裕層の高い閲覧率を誇る中国の旅行情報メディア「馬蜂窩(マーフォンウォ)」と業務提携

  5. 京都の古民家が投機対象に

  6. 京都世界遺産の仁和寺「松林庵」を富裕層向け宿坊へ改修