欧米豪富裕層のプライベートバンク活用術

アリアン・ド・ロスチャイルド男爵夫人はプライベートバンクからワイナリー、フランス・ムジェーブのスキーリゾートにまで至る膨大な一族の事業を、4年の歳月をかけて再編し、一族の名前を冠したスイスのプライベートバンクを新たな段階へと発展させる準備を進めてきた。
氏はジュネーブでインタビューに応じ、一族が83%を保有するエドモン・ド・ロスチャイルドについて、「複雑で理解しがたい以前の事業構造を考慮すれば、この数年は追い付いてきている」と話した。同行は近年、「さまざまなターゲット」に目を向けており、買収の可能性を引き続き模索していると述べた。

記事元(Bloomberg)はこちらから

関連記事

  1. 訪日富裕層旅行客をいかに地方に呼び込むか

  2. 無形文化遺産の登録以降、海外富裕層への贈答品として麺類輸出が好調

  3. 米ユニバーサルスタジオが提供する「VIPツアー」が中国人富裕層に大人気のワケ

  4. 富裕層を魅了するインドネシアの高級リゾートホテル、新宿に飲食店をオープン

  5. アジアの富裕層へ届け「日本一の花き」北京の園芸博覧会出展へ

  6. 【富裕層ビジネスのヒント】「モノがいい」だけでは不十分海外の人々を魅了するデザインやプロモーションが「クールジャパン」のキーポイント