進む北海道の富裕層囲い込み戦略

社会医療法人カレスサッポロが、2019年4月に洞爺湖西湖畔にて「ホテル プレミアム・レイクトーヤ」を開業する。
カレスサッポロは、1993年に洞爺湖西湖畔の洞爺湖温泉212番地に建設された、旧そごう社員向けの保養施設「蒼水閣」を2017年に取得。同施設は洞爺湖の中島を目の前に望める高台にあり、敷地面積は約7万平方メートル、建物は2階建てで、延べ床面積は約2383平方メートルだ。
客室は全17室用意し、すべてに源泉かけ流しの露天風呂を設置するという。
宿泊料金は1泊12万円程度を想定し、国内外の富裕層を呼び込む狙いだ。

記事元(ホテリエ)はこちらから

関連記事

  1. 富裕層の誘客と旅行消費拡大を目指した「三陸プラチナ観光ルート創設協議会」が設立

  2. ニセコに富裕層向け別荘や外資系ホテルが相次ぎ建設費高騰や人手不足が深刻化

  3. 海外富裕層に人気の温泉旅館、顧客満足度の鍵は「富裕層の因数分解」

  4. 裕層が利用するプライベートジェット機の誘致に力を入れる沖縄県宮古島の本気度

  5. 長野県産米「風さやか」富裕層の多いシンガポールへ輸出

  6. 富裕層開拓に向け、英国旅行会社の瀬戸内視察旅行を実施