欧米豪富裕層に向けたチャーター機によるフライトツーリズムの可能性

ANA総合研究所は2019年2月22日(金)、欧米豪富裕層をターゲットとしたインバウンド事業の一環として、東北周遊ルート確立に向けたデモフライトを実施した。
搭乗した関係者からは、「交通アクセスが悪い地域への移動時間が短く、利便性の高さを感じた」「視点を変えて観光地を見ることで、普段見ることのできない新しい景色を見ることができた」など、事業化に期待する声を多く出ているようだ。
今後、宮城県、東北各県とANA総合研究所は、小型プロペラ機による東北周遊ルートの確立と事業化を通じ、欧米豪富裕層のニーズに対応した東北各地への自由度の高い移動を実現し、東北地方へのインバウンドの誘客をめざしていく。

元記事(FLY TEAM)はこちらから

関連記事

  1. ユニマットグループ、新会社を設立し宮古島での富裕層向けリゾート事業を強化

  2. 62%が富裕層戦略の必要性を認識 成功への第一歩は富裕層の正しい理解

  3. 愛知県、外国人富裕層の医療ツーリズム促進に向けた海外PR事業を推進

  4. 海外富裕層を呼び込むために、勉強会で富裕層インバウンドビジネスの「わからない」を解消

  5. 京都世界遺産の仁和寺「松林庵」を富裕層向け宿坊へ改修

  6. 白馬に外資系ブランドが参入。インバウンド富裕層が狙いか