富裕層が注目するダボス会議で「ジャパンナイト2019」を開催

世界の富裕層が注目をするダボス会議(議世界経済フォーラム年次総会)にてジャパンナイトを開催。イベントには、日本の大手企業や大学など29団体が協賛、各国から約600人が参加した。
ジャパンナイトでの県産品提供は平成28年、昨年に続き3回目となり、風評被害の払拭や販路拡大に向け弾みとなった。

記事元(THE SANKEI NEWS)はこちらから

関連記事

  1. 瀬戸内エリア、世界の富裕層から愛される理由

  2. シニア層や富裕層の「コト消費」がレベルアップ

  3. アニメ

  4. 富裕層インバウンドから考える観光戦略と文化財の保護

  5. 【富裕層ビジネスのヒント】「モノがいい」だけでは不十分海外の人々を魅了するデザインやプロモーションが「クールジャパン」のキーポイント

  6. 世界中の富裕層が選ぶ、2018年最も素晴らしいビジネスクラス ベスト20