富裕層が注目するダボス会議で「ジャパンナイト2019」を開催

世界の富裕層が注目をするダボス会議(議世界経済フォーラム年次総会)にてジャパンナイトを開催。イベントには、日本の大手企業や大学など29団体が協賛、各国から約600人が参加した。
ジャパンナイトでの県産品提供は平成28年、昨年に続き3回目となり、風評被害の払拭や販路拡大に向け弾みとなった。

記事元(THE SANKEI NEWS)はこちらから

関連記事

  1. 中国人富裕層が買い求めるメイドインジャパンの仏壇とは

  2. 自治体国際化協会

  3. 無形文化遺産の登録以降、海外富裕層への贈答品として麺類輸出が好調

  4. 富裕層インバウンド戦略のひとつとして地域のお祭の戦略的活用を

  5. 国内外富裕層の消費意欲を後押しに、銀座の高級ブランド旗艦店が続々と改装

  6. 世界初の浮世絵春画人形~日本の伝統文化を世界の富裕層に~