富裕層が注目するダボス会議で「ジャパンナイト2019」を開催

世界の富裕層が注目をするダボス会議(議世界経済フォーラム年次総会)にてジャパンナイトを開催。イベントには、日本の大手企業や大学など29団体が協賛、各国から約600人が参加した。
ジャパンナイトでの県産品提供は平成28年、昨年に続き3回目となり、風評被害の払拭や販路拡大に向け弾みとなった。

記事元(THE SANKEI NEWS)はこちらから

関連記事

  1. 訪日富裕層旅行客をいかに地方に呼び込むか

  2. 宮古島に富裕層をターゲットとした「ホテル シギラミラージュ」が誕生

  3. 北海道内の路線価、全国平均を上回る上昇率

  4. 日本の温泉旅館を国内外の富裕層にもっと利用してもらうために

  5. インドの関係者ら来県・視察沖縄で富裕層向けのリゾートウエディングを提案

  6. 愛知県、外国人富裕層の医療ツーリズム促進に向けた海外PR事業を推進