白馬に外資系ブランドが参入。インバウンド富裕層が狙いか

欧米豪の富裕層インバウンド客から人気が高い、白馬エリアで外資系ブランドのホテル「コートヤード・バイ・マリオット」と高級古民家リゾート施設「旅籠(はたご)丸八」による2つの異なるコンセプトの宿が誕生した。スノーリゾートとして訪日客が急増している白馬で、高級感を打ち出した施設として集客を図るのが狙いだ。

記事元(信濃毎日新聞)はこちらから

関連記事

  1. 世界最大規模の家具見本市「ミラノ・サローネ2018」に津軽塗が出展

  2. 東南アジアの富裕層獲得に向けた大分県の秘策とは

  3. 北海道新聞社タイのサイトで道産食材を富裕層へ向けてPR

  4. 進む北海道の富裕層囲い込み戦略

  5. 近江の食文化を世界の富裕層へ!7人の料理人と生産者とのコラボレーションイベントを開催

  6. リンガーハットグループが富裕層向け長崎コース料理店を銀座にオープン