白馬に外資系ブランドが参入。インバウンド富裕層が狙いか

欧米豪の富裕層インバウンド客から人気が高い、白馬エリアで外資系ブランドのホテル「コートヤード・バイ・マリオット」と高級古民家リゾート施設「旅籠(はたご)丸八」による2つの異なるコンセプトの宿が誕生した。スノーリゾートとして訪日客が急増している白馬で、高級感を打ち出した施設として集客を図るのが狙いだ。

記事元(信濃毎日新聞)はこちらから

関連記事

  1. 1泊50万円以上支払える海外富裕層をいかに取り込むかが富裕層インバウンドの肝

  2. 沖縄〜東南アジア進出サポートの本格化へ〜

  3. 福島県の桃の販売がインドネシア富裕層に絶好調推移

  4. デジタルガレージ、全日空商事と協業でインバウンドマーケティング支援

  5. 訪日富裕層は困惑?「お金はあるけど使うところがない」

  6. 世界の富裕層に向けた繊維王国福井県の取り組みとは?