白馬に外資系ブランドが参入。インバウンド富裕層が狙いか

欧米豪の富裕層インバウンド客から人気が高い、白馬エリアで外資系ブランドのホテル「コートヤード・バイ・マリオット」と高級古民家リゾート施設「旅籠(はたご)丸八」による2つの異なるコンセプトの宿が誕生した。スノーリゾートとして訪日客が急増している白馬で、高級感を打ち出した施設として集客を図るのが狙いだ。

記事元(信濃毎日新聞)はこちらから

関連記事

  1. Yokohama Gastronomy Tourism

  2. 日本の温泉旅館を国内外の富裕層にもっと利用してもらうために

  3. 京都企業が、はめ込み式組み立て和室を開発

  4. 長野県産米「風さやか」富裕層の多いシンガポールへ輸出

  5. 学ぶクールジャパン

  6. 海外富裕層を呼び込むために、勉強会で富裕層インバウンドビジネスの「わからない」を解消