白馬に外資系ブランドが参入。インバウンド富裕層が狙いか

欧米豪の富裕層インバウンド客から人気が高い、白馬エリアで外資系ブランドのホテル「コートヤード・バイ・マリオット」と高級古民家リゾート施設「旅籠(はたご)丸八」による2つの異なるコンセプトの宿が誕生した。スノーリゾートとして訪日客が急増している白馬で、高級感を打ち出した施設として集客を図るのが狙いだ。

記事元(信濃毎日新聞)はこちらから

関連記事

  1. 東京五輪にむけて都市の景観は変わるか~無電柱化への取り組み~

  2. 外国人富裕層マーケティングとしても効果的な海外見本市への出展

  3. ふるさと納税を富裕層視点で考える

  4. 日本経済のカギは国外の超富裕層たち

  5. 福島県の桃の販売がインドネシア富裕層に絶好調推移

  6. BeA、中国人富裕層の高い閲覧率を誇る中国の旅行情報メディア「馬蜂窩(マーフォンウォ)」と業務提携