白馬に外資系ブランドが参入。インバウンド富裕層が狙いか

欧米豪の富裕層インバウンド客から人気が高い、白馬エリアで外資系ブランドのホテル「コートヤード・バイ・マリオット」と高級古民家リゾート施設「旅籠(はたご)丸八」による2つの異なるコンセプトの宿が誕生した。スノーリゾートとして訪日客が急増している白馬で、高級感を打ち出した施設として集客を図るのが狙いだ。

記事元(信濃毎日新聞)はこちらから

関連記事

  1. 世界中の富裕層が選ぶ、2018年最も素晴らしいビジネスクラス ベスト20

  2. 沖縄県、大型MICE施設をマリンタウン東浜地区に

  3. 和食でのマナー

  4. 訪日富裕層旅行客はクルーズで呼ぶ茨城県の試み

  5. 北海道新聞社タイのサイトで道産食材を富裕層へ向けてPR

  6. 富裕層インバウンド戦略のひとつとして地域のお祭の戦略的活用を