白馬に外資系ブランドが参入。インバウンド富裕層が狙いか

欧米豪の富裕層インバウンド客から人気が高い、白馬エリアで外資系ブランドのホテル「コートヤード・バイ・マリオット」と高級古民家リゾート施設「旅籠(はたご)丸八」による2つの異なるコンセプトの宿が誕生した。スノーリゾートとして訪日客が急増している白馬で、高級感を打ち出した施設として集客を図るのが狙いだ。

記事元(信濃毎日新聞)はこちらから

関連記事

  1. フランス進出で国内外の富裕層から注目を集めるトイレ装飾「アートレッタ」

  2. 78%が富裕層インバウンドの必要性を実感攻略のポイントは海外富裕層を知ること

  3. 富裕層開拓に向け、英国旅行会社の瀬戸内視察旅行を実施

  4. 目覚めれば琵琶湖畔のオーベルジュ ~ロテル・デュ・ラク~

  5. 訪日富裕層旅行客はクルーズで呼ぶ茨城県の試み

  6. 世界的な錦鯉ブームで関連企業に活況