富裕層向けラグジュアリークルーズ、金沢港へ

日本の新しい玄関窓口の期待が高まる北陸・金沢エリア。
近年、富裕層が利用するラグジュアリー船は24本となり、観光消費額などの経済効果も出たのである。
インバウンドの富裕層にとって北陸エリアは、次なるデスティネーションの候補として訪日者が増加してきている。今後、石川県は利用が急増するクルーズ客の受け入れを強化するため金沢港クルーズターミナルを2020年春までに整備する予定だ。

記事元(観光経済新聞)はこちらから

関連記事

  1. 瀬戸内エリア、世界の富裕層から愛される理由

  2. 食文化で訪日富裕層の誘致、農水省が10地域を認定

  3. 東北復興へ、富裕層インバウンドの拡充も重要なポイント

  4. 海外富裕層を呼び込むために、勉強会で富裕層インバウンドビジネスの「わからない」を解消

  5. 富裕層インバウンド戦略のひとつとして地域のお祭の戦略的活用を

  6. 62%が富裕層戦略の必要性を認識 成功への第一歩は富裕層の正しい理解