富裕層向けラグジュアリークルーズ、金沢港へ

日本の新しい玄関窓口の期待が高まる北陸・金沢エリア。
近年、富裕層が利用するラグジュアリー船は24本となり、観光消費額などの経済効果も出たのである。
インバウンドの富裕層にとって北陸エリアは、次なるデスティネーションの候補として訪日者が増加してきている。今後、石川県は利用が急増するクルーズ客の受け入れを強化するため金沢港クルーズターミナルを2020年春までに整備する予定だ。

記事元(観光経済新聞)はこちらから

関連記事

  1. 伝統技術を取り入れた住宅で着工数が微増

  2. 日本の温泉旅館を国内外の富裕層にもっと利用してもらうために

  3. 富裕層インバウンドから考える観光戦略と文化財の保護

  4. 見るクールジャパン

  5. 自治体国際化協会

  6. 京都世界遺産の仁和寺「松林庵」を富裕層向け宿坊へ改修