富裕層向けラグジュアリークルーズ、金沢港へ

日本の新しい玄関窓口の期待が高まる北陸・金沢エリア。
近年、富裕層が利用するラグジュアリー船は24本となり、観光消費額などの経済効果も出たのである。
インバウンドの富裕層にとって北陸エリアは、次なるデスティネーションの候補として訪日者が増加してきている。今後、石川県は利用が急増するクルーズ客の受け入れを強化するため金沢港クルーズターミナルを2020年春までに整備する予定だ。

記事元(観光経済新聞)はこちらから

関連記事

  1. 富裕層馬主が集まる国内最大の競走馬競り市が苫小牧で開催

  2. 富裕層が注目するダボス会議で「ジャパンナイト2019」を開催

  3. 目覚めれば琵琶湖畔のオーベルジュ ~ロテル・デュ・ラク~

  4. 世界的な錦鯉ブームで関連企業に活況

  5. 富裕層インバウンドビジネスの拡大も大いに期待できたVisit Japan Travel & MICE Mart

  6. 海外富裕層の間で日本酒がステータスに