欧米豪の富裕層マーケットが日本のスノーリゾートを救う

近年、豪米豪の富裕層スキー客が急増している今だからこそ、各地のスノーリゾートは中長期的な戦略が必要となっており、将来的には富裕層スキー客離れが加速する点をも想定しなければいけない。
札幌国際大学総合研究所でスポーツツーリズムの研究を行っている遠藤正教授は、これからのスノーリゾートはより個性的かつ、多様化の必要性を力説している。

記事元(観光経済新聞)はこちらから

関連記事

  1. 富裕層消費が寄与し、高島屋の2018年3~5月期の業績が増収増益

  2. BeA、中国人富裕層の高い閲覧率を誇る中国の旅行情報メディア「馬蜂窩(マーフォンウォ)」と業務提携

  3. リンガーハットグループが富裕層向け長崎コース料理店を銀座にオープン

  4. 国内外富裕層の消費意欲を後押しに、銀座の高級ブランド旗艦店が続々と改装

  5. 「外国人に人気の日本の体験ツアーランキング2018」発表

  6. 世界最大規模の家具見本市「ミラノ・サローネ2018」に津軽塗が出展