欧米豪の富裕層マーケットが日本のスノーリゾートを救う

近年、豪米豪の富裕層スキー客が急増している今だからこそ、各地のスノーリゾートは中長期的な戦略が必要となっており、将来的には富裕層スキー客離れが加速する点をも想定しなければいけない。
札幌国際大学総合研究所でスポーツツーリズムの研究を行っている遠藤正教授は、これからのスノーリゾートはより個性的かつ、多様化の必要性を力説している。

記事元(観光経済新聞)はこちらから

関連記事

  1. 富裕層インバウンド向けの体験型アクティビティが増加

  2. 人道の港ムゼウム(福井/敦賀)

  3. 富裕層投資ビジネス?世界の美術品市場に投資マネーが流入

  4. 富裕層誘客に「SAKE」酒蔵ツーリズムで観光推進の足固め

  5. 富裕層馬主が集まる国内最大の競走馬競り市が苫小牧で開催

  6. 東北復興へ、富裕層インバウンドの拡充も重要なポイント