欧米豪の富裕層マーケットが日本のスノーリゾートを救う

近年、豪米豪の富裕層スキー客が急増している今だからこそ、各地のスノーリゾートは中長期的な戦略が必要となっており、将来的には富裕層スキー客離れが加速する点をも想定しなければいけない。
札幌国際大学総合研究所でスポーツツーリズムの研究を行っている遠藤正教授は、これからのスノーリゾートはより個性的かつ、多様化の必要性を力説している。

記事元(観光経済新聞)はこちらから

関連記事

  1. 富裕層インバウンドはソーシャルインパクトボンドを徹底活用する

  2. デジタルガレージ、全日空商事と協業でインバウンドマーケティング支援

  3. 78%が富裕層インバウンドの必要性を実感攻略のポイントは海外富裕層を知ること

  4. 観光資源を開拓し地方に海外富裕層を送客、航空会社と自治体が連携

  5. 北海道苫小牧市で海外富裕層向け滞在型リゾート開発が開始

  6. 自治体国際化協会