欧米豪の富裕層マーケットが日本のスノーリゾートを救う

近年、豪米豪の富裕層スキー客が急増している今だからこそ、各地のスノーリゾートは中長期的な戦略が必要となっており、将来的には富裕層スキー客離れが加速する点をも想定しなければいけない。
札幌国際大学総合研究所でスポーツツーリズムの研究を行っている遠藤正教授は、これからのスノーリゾートはより個性的かつ、多様化の必要性を力説している。

記事元(観光経済新聞)はこちらから

関連記事

  1. 札幌で前例のない富裕層向けマンションを東急不動産が建設中

  2. 富裕層インバウンドはソーシャルインパクトボンドを徹底活用する

  3. インドの関係者ら来県・視察沖縄で富裕層向けのリゾートウエディングを提案

  4. 第1回 自治体/官公庁/観光局向け富裕層インバウンドセミナー「訪日富裕層旅客新規獲得戦略の要諦とは?」

  5. 米TOMが富裕層向け高級伝統工芸品などを扱う越境ECの物流をサポート

  6. 自治体国際化協会