欧米豪の富裕層マーケットが日本のスノーリゾートを救う

近年、豪米豪の富裕層スキー客が急増している今だからこそ、各地のスノーリゾートは中長期的な戦略が必要となっており、将来的には富裕層スキー客離れが加速する点をも想定しなければいけない。
札幌国際大学総合研究所でスポーツツーリズムの研究を行っている遠藤正教授は、これからのスノーリゾートはより個性的かつ、多様化の必要性を力説している。

記事元(観光経済新聞)はこちらから

関連記事

  1. 四季の移ろいを表現する和食

  2. 富裕層インバウンドはソーシャルインパクトボンドを徹底活用する

  3. 京都の古民家が投機対象に

  4. 東北復興へ、富裕層インバウンドの拡充も重要なポイント

  5. ユニマットグループ、新会社を設立し宮古島での富裕層向けリゾート事業を強化

  6. 米ユニバーサルスタジオが提供する「VIPツアー」が中国人富裕層に大人気のワケ