欧米豪の富裕層マーケットが日本のスノーリゾートを救う

近年、豪米豪の富裕層スキー客が急増している今だからこそ、各地のスノーリゾートは中長期的な戦略が必要となっており、将来的には富裕層スキー客離れが加速する点をも想定しなければいけない。
札幌国際大学総合研究所でスポーツツーリズムの研究を行っている遠藤正教授は、これからのスノーリゾートはより個性的かつ、多様化の必要性を力説している。

記事元(観光経済新聞)はこちらから

関連記事

  1. 和食でのマナー

  2. For Asian high net worth individuals. Are you interested in “Ginza Bar Hopping”?

  3. 京都世界遺産の仁和寺「松林庵」を富裕層向け宿坊へ改修

  4. ポケットコンシェルジュと共同で訪日富裕層向けプロモーション支援を開始

  5. 1泊50万円以上支払える海外富裕層をいかに取り込むかが富裕層インバウンドの肝

  6. 62%が富裕層戦略の必要性を認識 成功への第一歩は富裕層の正しい理解