アジアの富裕層へ届け「日本一の花き」北京の園芸博覧会出展へ

花き産出額日本一の愛知が二〇一九年度当初予算案には関連費用として千八百七十二万円を盛り込んでアジアの富裕層に向けた輸出販路の拡大を図っている
国内市場が縮小傾向にあるなか、中国・北京で開かれる「北京国際園芸博覧会」に出店をすることを決めた。
県の担当者は「生産者にとって現状は苦しく、国内での販売促進とともに、海外市場に出て行く必要がある。博覧会への出展を輸出の足掛かりにしていきたい」と話している。
同博覧会は、国際機関により国際的に最も格式が高い園芸博と認定され、約百カ国が出展する。四~十月の期間中には、世界各国のバイヤーら千六百万人の来場が予想されている。

記事元(中日新聞)はこちらから

関連記事

  1. 目覚めれば琵琶湖畔のオーベルジュ ~ロテル・デュ・ラク~

  2. 京都世界遺産の仁和寺「松林庵」を富裕層向け宿坊へ改修

  3. 米ユニバーサルスタジオが提供する「VIPツアー」が中国人富裕層に大人気のワケ

  4. 富裕層インバウンドビジネスの販路拡大のためのコンソーシアム活用

  5. 無形文化遺産の登録以降、海外富裕層への贈答品として麺類輸出が好調

  6. BeA、中国人富裕層の高い閲覧率を誇る中国の旅行情報メディア「馬蜂窩(マーフォンウォ)」と業務提携