アニメ

代表的なクールジャパン

ここ最近、世界中の若者の間でクールジャパンとして日本のいろいろな文化を楽しむ人が増えています。
クールジャパンとして好まれているのは健康効果の高さが評価されている日本食や、忍者や侍の人気から日本武道、伝統演劇などがあります。
その中でも代表的なクールジャパンといえば、アニメやマンガの存在が大きいのではないでしょうか。
代表的なクールジャパンとしてもコンテンツビジネスとしても存在感の大きいアニメとマンガですが、海外に在住していジャパニメーションやゲームのファン向けのイベントも多く開催されるようになり、多くの観客を集めています。
イベントでは人気のキャラクターに扮した現地のコスプレイヤーをたくさん見かけることが出来ます。

日本からも作品の制作にかかわったスタッフの方や声優やアニメ歌手などがゲストとして参加してイベントを盛り上げています。
アニメやゲームを代表的なクールジャパンとしてビジネスとして扱う時に問題となるのが海賊版の存在です。
近年では現地の動画サイトと正式に契約して配信を行ったり、きちんとした出版契約をしたうえでコミックが正規販売されるようになっていますが、まだまだ対策としては始まったばかりです。文化を守る為には海賊版対策を行わなくてはいけないので今後の動向が重要です。

関連記事

  1. 進む北海道の富裕層囲い込み戦略

  2. 富裕層インバウンドはソーシャルインパクトボンドを徹底活用する

  3. 福島の醸造メーカーが食品認証「コーシャ」を取得

  4. 富裕層投資ビジネス?世界の美術品市場に投資マネーが流入

  5. 宮古島に富裕層をターゲットとした「ホテル シギラミラージュ」が誕生

  6. 白馬に外資系ブランドが参入。インバウンド富裕層が狙いか