世界初の浮世絵春画人形~日本の伝統文化を世界の富裕層に~

繊細な筆致と美しい色彩や図柄が特徴のこけし、与八人形。これと同じ木地に、浮世絵の春画を描いたのが藤木啓二氏だ。与八人形と浮世絵という2つの日本の伝統文化が融合したことで、世界で始めての「浮世絵春画人形」が誕生した。

きっかけとなったのは、法政大学学長・田中優子氏の著書『江戸百夢』。この本の中に浮世絵の春画を発見したとき「これだ!」と直感したという。

浮世絵はゴッホやモネなど西洋の画家や、ドビュッシーなどの音楽家にも影響を与えたと言われる日本を代表する芸術のひとつ。特にマネは春画に衝撃を受けて裸婦を描いたという逸話もある。

藤木氏も彼らと同じように、春画から芸術家としての琴線を揺さぶる何かを感じ取ったに違いない。

2016年12月現在、7本が完成しているとのこと。藤木氏はまだまだ制作に意欲を見せているが、木地の生産が追い付いていないという。非常にもどかしい状況だが、当社も新たな作品の完成を待ち望んでいる。

 

当社では、伝統文化の発信など富裕層ビジネスに特化した地方創生支援を随時実施しています。自治体観光課のご担当者の方などからのお問い合わせをお待ちしております。

お問い合わせはこちら

関連記事

  1. アジアの富裕層へ届け「日本一の花き」北京の園芸博覧会出展へ

  2. 1泊50万円以上支払える海外富裕層をいかに取り込むかが富裕層インバウンドの肝

  3. 世界的な錦鯉ブームで関連企業に活況

  4. まとうクールジャパン

  5. 高付加価値富裕層旅行開発の3つのヒント

  6. 国内外富裕層の消費意欲を後押しに、銀座の高級ブランド旗艦店が続々と改装