地方の魅力を海外富裕層に発信し誘客

写真:©Heartland JAPAN
インバウンド観光事業「Heartland JAPAN(ハートランド・ジャパン)」(http://heartlandjapan.com)は、この度、4つの地域特化型ウォーキングツアーを造成した。造成したリベルタでは、今後は海外の顧客を提携先の海外の旅行エージェントやアウトドア関連団体等を経由して獲得していくという。

なお、旅行商品の販売・催行に際しては、国内最大規模の訪日外国人向け観光情報サイト「Japan Travel(ジャパン・トラベル)」との協業によって実現する。初回のツアー催行は2018年の8月~11月(5泊6日~6泊7日)、販売価格は30~35万円/人を予定している。顧客ターゲットは欧米豪の富裕層となる見込みだ。

1) 医師、弁護士、大学教授、会社経営者などのハイステイタス層
2) お金と時間に余裕があるシニア層
3) 知的好奇心が旺盛なインテリ層
4) 日頃からウォーキングやハイキングをたしなむアウトドア愛好家層
5) 物質的なものよりも精神的な満足感を求める層

Heartland JAPANは、旅慣れた西洋人を対象に、ウォーキングという体験を通じて、お膳立てしない本物の日本、歴史、伝統、文化、食、そして日本人の暮らしぶりなどをわかりやすいストーリーとして伝えていくことに重きを置き、地域に根ざす人たちとの触れ合いも付加価値として提供する。

アジア圏からの顧客に比べ、欧米豪など西洋からの観光客は遠い距離を移動して来日する分、滞在日数が多く、旅行消費額も多くなる傾向があります。またウォーキングツアーという狭域エリアをゆったりと周遊する手法を用いることで、これまで通過点にしかならなかったような地域(集落)が目的地となり、外貨を獲得する機会が増えることが見込まれる。

日本へのインバウンド観光客のほとんどは、東京、富士山、京都、大阪というゴールデンルートを周遊するのみにとどまっています。日本のインバウンド観光客が増えている一方で、地方がその恩恵を十分に受けるにまでは至っていないのが実情だ。

日本臭さ(古き良き日本らしさ)が色濃く残っていることを地方の強みと捉え、その強み(個性)を磨いて、西洋人にも解りやすいストーリーに加工して伝えていくことで、顧客満足度を高める。

参照:リベルタ株式会社/ニュースリリース

ルート・アンド・パートナーズでは富裕層向けインバウンド動向をはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

Japanese Culture Global Concierge Association Linkedin Group
Let's Experience Japanese Culture!
Would you like to be an affiliater?

Recommend

  1. 2018-12-7

    1泊50万円以上支払える海外富裕層をいかに取り込むかが富裕層インバウンドの肝

    2030年には年間18~20憶人が海外旅行をすると言われている。相対的に富裕層の海外旅行も増加傾向に…
  2. 2018-12-4

    富裕層インバウンド戦略のひとつとして地域のお祭の戦略的活用を

    写真:(c) 旬刊 旅行新聞 スタートアップ企業のオマツリジャパンが、2018年の夏から旅行者…
  3. 2018-9-10

    訪日富裕層旅行客はクルーズで呼ぶ茨城県の試み

    企業だけでなく、自治体の間でも富裕層インバウンドの取り組みが活発化してきている。例えば、茨城県では富…
一般社団法人 地域活性化センター
ページ上部へ戻る