東北の3市が連携「ビクトリーロード」山形で発足式

2019年に日本で開催されるラグビーのワールドカップ(W杯)を契機に山形市、岩手県釜石市、宮城県石巻市が協力し、外国人の観光客を呼び込むプロジェクトがスタートした。

W杯大会が開催される釜石市、大会公認キャンプ地の山形市、東日本大震災からの復興にラグビーを生かす石巻市の位置を結ぶと「V」の字になることから、プロジェクトは「東北ビクトリーラグビーロード」と名付けられた。ラグビーW杯は各チームの試合間隔が長く、長期滞在する観客も多い上に富裕層も少なくない。試合のない日に、東北各県の温泉や酒蔵などの観光スポットをめぐるツアーを企画するなど、外国人に積極的に東北をアピールし、リピーターを作りたい考えだ。

東北には魅力的な観光資源がある。3市がスクラムを組み東北でのW杯を盛り上げることが期待されている。

参照:毎日新聞山形県版 / 2018年7月7日記事

ルート・アンド・パートナーズでは地方創生や日本版DMOをはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

求む! Local Concierge
Business Internship/ビジネスインターン
Recruitment in Japan/外国人採用サポート
Japanese Culture Global Concierge Association Linkedin Group
Let's Experience Japanese Culture!
Would you like to be an affiliater?

Recommend

  1. 2018-5-30

    支笏湖北海ホテル跡に「しこつ湖鶴雅別邸碧(あお)の座」2019年4月開業

    写真:©しこつ湖鶴雅別荘碧の座 道内でホテル・旅館を運営している鶴雅ホールディングスの関連会社の鶴…
  2. 2018-4-2

    世界最大規模の家具見本市「ミラノ・サローネ2018」に津軽塗が出展

    2018年4月17日~22日に、世界最大規模の家具見本市「ミラノ・サローネ2018」が開催される。今…
  3. 2018-3-9

    富裕層の誘客と旅行消費拡大を目指した「三陸プラチナ観光ルート創設協議会」が設立

    三陸地域の旅行関連事業者(ホテル、旅館、交通、観光など)15社が、国内外富裕層の誘客と旅行消費拡大を…
一般社団法人 地域活性化センター
ページ上部へ戻る