秋田県内の温泉旅館を富裕層向けにリノベーション!リピーターも増加

近年、秋田県内で富裕層向けに施設のリノベーションを行ったのは、鹿角市の後生掛温泉、大館市の日景温泉、仙北市の黒湯温泉、湯沢市の泥湯温泉奥山旅館の4施設。
富裕層や訪日外国人客を意識した客室を設けるなど新たな顧客獲得を狙ったものが目立つ。改修後、客層が広がったり、リピーター獲得につながったりと、効果が表れてきた施設とのこと。
地方活性化のキーワードとして「富裕層」は外せない戦略の1つになってきているのだ

記事元(秋田魁新報社)はこちらから

関連記事

  1. ユニマットグループ、新会社を設立し宮古島での富裕層向けリゾート事業を強化

  2. 白馬に外資系ブランドが参入。インバウンド富裕層が狙いか

  3. シニア層や富裕層の「コト消費」がレベルアップ

  4. 地方の魅力を海外富裕層に発信し誘客

  5. 富裕層の多いシンガポールで神戸産食品を1カ月PR

  6. 特種東海製紙、中国向け高級ペーパーが好調