秋田県内の温泉旅館を富裕層向けにリノベーション!リピーターも増加

近年、秋田県内で富裕層向けに施設のリノベーションを行ったのは、鹿角市の後生掛温泉、大館市の日景温泉、仙北市の黒湯温泉、湯沢市の泥湯温泉奥山旅館の4施設。
富裕層や訪日外国人客を意識した客室を設けるなど新たな顧客獲得を狙ったものが目立つ。改修後、客層が広がったり、リピーター獲得につながったりと、効果が表れてきた施設とのこと。
地方活性化のキーワードとして「富裕層」は外せない戦略の1つになってきているのだ

記事元(秋田魁新報社)はこちらから

関連記事

  1. 富裕層インバウンド戦略のひとつとして地域のお祭の戦略的活用を

  2. Time Travel ‘Virtual Sempo To Go’

  3. 富裕層消費が寄与し、高島屋の2018年3~5月期の業績が増収増益

  4. 富裕層向けスポーツ観戦チケットが日本でも人気に

  5. 米ユニバーサルスタジオが提供する「VIPツアー」が中国人富裕層に大人気のワケ

  6. BeA、中国人富裕層の高い閲覧率を誇る中国の旅行情報メディア「馬蜂窩(マーフォンウォ)」と業務提携