米ユニバーサルスタジオが提供する「VIPツアー」が中国人富裕層に大人気のワケ

米ロサンゼルスにある「ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド」は、中国人観光客をターゲットにVIPエクスペリエンス枠を強化し、中国語を話すガイドを増員した。
最低価格$349となっており、提供されるサービスは、VIP専用のプライベートラウンジや限定の食事提供など充実した内容が盛り込まれている。

現在、中国人の富裕層にとって最も人気の米国の都市が、LAとなっており、2018年には観光誘客目標、5000万人に対して、目標数値を2年前倒しで実現できたことが、今回の中国人富裕層向けのサービス提供の充実化に繋がったのだろう。

記事元(Forbes Japan)はこちらから

関連記事

  1. 富裕層インバウンドから考える観光戦略と文化財の保護

  2. アジアの富裕層へ届け「日本一の花き」北京の園芸博覧会出展へ

  3. 62%が富裕層戦略の必要性を認識 成功への第一歩は富裕層の正しい理解

  4. HighNetWorth Inbound Research

  5. 沖縄版クールジャパン

  6. 沖縄〜東南アジア進出サポートの本格化へ〜