富裕層投資ビジネス?世界の美術品市場に投資マネーが流入

世界の美術品市場に投資マネーが流れ込んでいる。2018年の市場規模は推計で前年比6%増の674億ドル(約7兆5000億円)になり、過去10年間では14年(682億ドル)に次ぐ大きさになった。美術品の売買は景気や金融市場の動向に左右されやすい。世界的なカネ余りで、高額な美術品が投資の受け皿になっている。

記事元(日本経済新聞)はこちらから

関連記事

  1. 白馬に外資系ブランドが参入。インバウンド富裕層が狙いか

  2. 海外富裕層を呼び込むために、勉強会で富裕層インバウンドビジネスの「わからない」を解消

  3. 東南アジアの富裕層獲得に向けた大分県の秘策とは

  4. 訪日富裕層は困惑?「お金はあるけど使うところがない」

  5. まとうクールジャパン

  6. 観光資源を開拓し地方に海外富裕層を送客、航空会社と自治体が連携