富裕層投資ビジネス?世界の美術品市場に投資マネーが流入

世界の美術品市場に投資マネーが流れ込んでいる。2018年の市場規模は推計で前年比6%増の674億ドル(約7兆5000億円)になり、過去10年間では14年(682億ドル)に次ぐ大きさになった。美術品の売買は景気や金融市場の動向に左右されやすい。世界的なカネ余りで、高額な美術品が投資の受け皿になっている。

記事元(日本経済新聞)はこちらから

関連記事

  1. 沖縄〜東南アジア進出サポートの本格化へ〜

  2. 日本経済のカギは国外の超富裕層たち

  3. 国内外富裕層の消費意欲を後押しに、銀座の高級ブランド旗艦店が続々と改装

  4. 日本旅行 富裕層に強いオーストラリア現地旅行会社の株式を取得

  5. 京都世界遺産の仁和寺「松林庵」を富裕層向け宿坊へ改修

  6. 札幌で前例のない富裕層向けマンションを東急不動産が建設中