富裕層投資ビジネス?世界の美術品市場に投資マネーが流入

世界の美術品市場に投資マネーが流れ込んでいる。2018年の市場規模は推計で前年比6%増の674億ドル(約7兆5000億円)になり、過去10年間では14年(682億ドル)に次ぐ大きさになった。美術品の売買は景気や金融市場の動向に左右されやすい。世界的なカネ余りで、高額な美術品が投資の受け皿になっている。

記事元(日本経済新聞)はこちらから

関連記事

  1. 日本文化を世界へ発信

    日本文化を世界へ発信

  2. 進む北海道の富裕層囲い込み戦略

  3. 愛知県、外国人富裕層の医療ツーリズム促進に向けた海外PR事業を推進

  4. 福島の醸造メーカーが食品認証「コーシャ」を取得

  5. 瀬戸内エリア、世界の富裕層から愛される理由

  6. 京都の古民家が投機対象に