富裕層投資ビジネス?世界の美術品市場に投資マネーが流入

世界の美術品市場に投資マネーが流れ込んでいる。2018年の市場規模は推計で前年比6%増の674億ドル(約7兆5000億円)になり、過去10年間では14年(682億ドル)に次ぐ大きさになった。美術品の売買は景気や金融市場の動向に左右されやすい。世界的なカネ余りで、高額な美術品が投資の受け皿になっている。

記事元(日本経済新聞)はこちらから

関連記事

  1. 海外富裕層の間で日本酒がステータスに

  2. 欧米豪の富裕層マーケットが日本のスノーリゾートを救う

  3. ポケットコンシェルジュと共同で訪日富裕層向けプロモーション支援を開始

  4. 東京五輪にむけて都市の景観は変わるか~無電柱化への取り組み~

  5. アジアの富裕層へ届け「日本一の花き」北京の園芸博覧会出展へ

  6. 地方の魅力を海外富裕層に発信し誘客