富裕層投資ビジネス?世界の美術品市場に投資マネーが流入

世界の美術品市場に投資マネーが流れ込んでいる。2018年の市場規模は推計で前年比6%増の674億ドル(約7兆5000億円)になり、過去10年間では14年(682億ドル)に次ぐ大きさになった。美術品の売買は景気や金融市場の動向に左右されやすい。世界的なカネ余りで、高額な美術品が投資の受け皿になっている。

記事元(日本経済新聞)はこちらから

関連記事

  1. 富裕層向けスポーツ観戦チケットが日本でも人気に

  2. インドの関係者ら来県・視察沖縄で富裕層向けのリゾートウエディングを提案

  3. 富裕層向けスポーツホスピタリティをビジネスに活用する

  4. 予約殺到!1足2万の国産スリッパ

  5. 白馬に外資系ブランドが参入。インバウンド富裕層が狙いか

  6. 「外国人に人気の日本の体験ツアーランキング2018」発表