富裕層に人気のハイジュエリーメゾンが大阪に旗艦店をオープン

写真:© Van Cleef & Arpels
富裕層を中心に高額品の消費が回復している他、訪日外国人客への販売を増やすねらいから、宝飾品を扱う店の開業や売り場の強化が大阪で相次いでいる。

フランスのハイジュエリーメゾン、ヴァン クリーフ&アーペルは、2018年、大阪 心斎橋に新たなブティックを設ける。
御堂筋と長堀通の交差点、心斎橋の起点となる交通至便なロケーションに位置するこのブティックは、B1F、1F、2Fの3フロア 計636.68㎡もの国内ブティック最大の面積を誇る。地下にギャラリー スペースを設けるなど新たな試みも採り入れ、関西地区を牽引する大型路面店として、メゾンの世界感をあまねく発信していく。
1Fはメゾンの象徴、アルハンブラやペルレ コレクションをはじめ、ジュエリーとウォッチ、ハイジュエリーを総合的に展開し、ヴァン クリーフ&アーペルの世界を楽しめる。2Fはブライダル コレクションを中心に、御堂筋側にひらけた窓際に接客スペースを設け、自然光の下でのダイヤモンドの輝きを、ゆったりと寛ぎながら確かめることができる。さらにB1Fには、日本初となるキッチン付き多目的スペースを設置。メゾンのお客様をおもてなしすることはもちろん、メゾンの世界感と共鳴する芸術や文化に関するイベントを開催予定だ。

外装には、メゾンの最新デザインコンセプトが登用され、外壁には繊細に編みこまれたゴールドメタルが奥行きとライティングの加減で2色の濃淡を成し、基調となるブラックカラーとともにメゾンの洗練を伝えている。内装の一部には、京都 西陣織の老舗の織物を用いて日本の伝統工芸を通して、メゾンが重んじる繊細なサヴォアフェールを伝える。

心斎橋は訪日客が詰めかける人気のスポットで、宝飾品の販売は旗艦店だけでなく百貨店でも好調だ。日本百貨店協会によると、2017年の美術・宝飾・貴金属の売上高は前年より3.6%伸びた。阪急うめだ本店は、1階のジュエリー売り場を改装しオープンした。フラワーアーティストが立ち上げた「ナチュア&ニコライ バーグマン」など、13ブランドをそろえる。日本限定の商品を買い求める訪日客も多いことから、自社開発したオリジナルリングを新たに扱う。

参照:ヴァン クリーフ&アーペル/ニュースリリース

ルート・アンド・パートナーズでは富裕層向けインバウンド動向をはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

Japanese Culture Global Concierge Association Linkedin Group
Let's Experience Japanese Culture!
Would you like to be an affiliater?

Recommend

  1. 2018-12-7

    1泊50万円以上支払える海外富裕層をいかに取り込むかが富裕層インバウンドの肝

    2030年には年間18~20憶人が海外旅行をすると言われている。相対的に富裕層の海外旅行も増加傾向に…
  2. 2018-12-4

    富裕層インバウンド戦略のひとつとして地域のお祭の戦略的活用を

    写真:(c) 旬刊 旅行新聞 スタートアップ企業のオマツリジャパンが、2018年の夏から旅行者…
  3. 2018-9-10

    訪日富裕層旅行客はクルーズで呼ぶ茨城県の試み

    企業だけでなく、自治体の間でも富裕層インバウンドの取り組みが活発化してきている。例えば、茨城県では富…
一般社団法人 地域活性化センター
ページ上部へ戻る