かんだ

目と手と気持ちが届く店

今回ご紹介する和食の名店は、東京都港区元麻布にある「かんだ」です。
2004年5月にオープンしました。
神田裕行氏がオーナーシェフを務めるお店です。
大阪で修業を開始し、23歳で渡仏、Parisの日本料理レストランでの料理長を務めて帰国、料亭青柳のスタッフを経て独立・開店しました。
「目と手と気持ちが届く店」をキャッチフレーズとして、お客様の予算に応じて最高の料理を提供することを目指しています。

コンセプト

「料理は仕入れによっても変わりますし、お客様によっても変わります。
体格も年齢も人生観も、時には国籍も違う全ての方全員にとっての最高の料理などありません。
お客様から戴いた御予算の中で最もそのお客様に喜んでもらえる料理を出す事が私達の目標です。
ですから紙に書いたメニューはございません。全てはライブなのです。」

店舗情報

【住所】
東京都港区元麻布三-六-三四カーム元麻布一階
【電話番号】
03-5786-0150
【駐車場】
無し
【最寄り駅】
六本木駅1B出口より徒歩八分旧テレ朝通り消防署横入り約百メートル
【Webサイト】
http://nihonryori-kanda.com/

予約

予約は全てお電話からとなっております。
03-5786-0150

関連記事

  1. 1泊50万円以上支払える海外富裕層をいかに取り込むかが富裕層インバウンドの肝

  2. 近江の食文化を世界の富裕層へ!7人の料理人と生産者とのコラボレーションイベントを開催

  3. 海外富裕層に日本の伝統工芸品、特産品などを販売したい方へ

  4. 海外富裕層に人気の温泉旅館、顧客満足度の鍵は「富裕層の因数分解」

  5. ふるさと納税を富裕層視点で考える

  6. デジタルガレージ、全日空商事と協業でインバウンドマーケティング支援