福島の醸造メーカーが食品認証「コーシャ」を取得

福島郡山市の食品製造業、宝来屋本店は、ユダヤ教徒向け食品認証「コーシャ」を取得し、「醤油(しょうゆ)こうじ」「あま酒」「味噌(みそ)」の本格的な輸出に向け、イスラエルへ出荷を開始した。

コーシャは旧約聖書の戒律に基づくユダヤ教の食の規定にある原材料や工程での製造が必要となり厳格な審査で知られ安全性や品質の高さを示す国際基準としても認知されている。

世界的な日本食ブームを受け、ユダヤ教徒以外を含め、世界の富裕層などに売り込むほか、国内では訪日外国人客を狙う。輸出先として今後は米国などユダヤ教徒が多い地域に輸出先を広げる方針だ。

ルート・アンド・パートナーズでは、富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。なかでも、ユダヤ人富裕層に対するサービス提供の一環として、故・杉原千畝氏の功績を永続的に継承するお手伝いを様々なレイヤーで取り組んでいます。プロジェクトの詳細は随時発表していく予定です。詳細をご希望の方はルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. ユニマットグループ、新会社を設立し宮古島での富裕層向けリゾート事業を強化

  2. 1泊50万円以上支払える海外富裕層をいかに取り込むかが富裕層インバウンドの肝

  3. 地方の魅力を海外富裕層に発信し誘客

  4. シニア層や富裕層の「コト消費」がレベルアップ

  5. 富裕層インバウンド戦略のひとつとして地域のお祭の戦略的活用を

  6. ホンモノの”日本”が息づく古都、「奈良」