東北の3市が連携「ビクトリーロード」山形で発足式

2019年に日本で開催されるラグビーのワールドカップ(W杯)を契機に山形市、岩手県釜石市、宮城県石巻市が協力し、外国人の観光客を呼び込むプロジェクトがスタートした。

W杯大会が開催される釜石市、大会公認キャンプ地の山形市、東日本大震災からの復興にラグビーを生かす石巻市の位置を結ぶと「V」の字になることから、プロジェクトは「東北ビクトリーラグビーロード」と名付けられた。ラグビーW杯は各チームの試合間隔が長く、長期滞在する観客も多い上に富裕層も少なくない。試合のない日に、東北各県の温泉や酒蔵などの観光スポットをめぐるツアーを企画するなど、外国人に積極的に東北をアピールし、リピーターを作りたい考えだ。

東北には魅力的な観光資源がある。3市がスクラムを組み東北でのW杯を盛り上げることが期待されている。

参照:毎日新聞山形県版 / 2018年7月7日記事

ルート・アンド・パートナーズでは地方創生や日本版DMOをはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. 「外国人に人気の日本の体験ツアーランキング2018」発表

  2. 京都世界遺産の仁和寺「松林庵」を富裕層向け宿坊へ改修

  3. 宮古島に富裕層をターゲットとした「ホテル シギラミラージュ」が誕生

  4. 兵庫県 豪華客船の入港に合わせて客船フェスタを開催

  5. 加森観光と新生銀、ルスツのコンドミニアムを対象に外国人向けローンを展開

  6. ホストクラブもインバウンド市場へ参入、訪日中国人富裕層向け「IKEMEN JAPAN」登場